tatsuta logo
韓国メーカーパビリオン HOME > 韓国メーカーパビリオン > WON ST
会社紹介
The Best Partner, 先進的な技術と革新的な変化によりお客様満足を第一に追求します。
㈱WON STは1989年設立以来、ボールおよびローラーを転動体とする直線運動と回転運動ベアリングを専門に開発 および生産をしてきました。 韓国で初めてLMシャフトとボールスプラインを国産化し、回転運動と滑り運動に関する解析能力と特殊鋼、熱処理に 対する応用技術、超精密加工技術など、WON ST独自の特化された技術を保有しております。 これらの技術を基盤にリニアモーションシステム分野の多様な製品を国産化し、半導体・ディスプレイ製造および 検査装置、産業用ロボット、工作機械、各種自動化設備に必要な産業自動化部品生産分野のパイオニアとして 韓国を代表するリニアモーションシステムのブランドとして、その価値を認定されています。 これからも独自の技術力と厳格な品質管理、競争力のある価格でお客様に満足を与えられるようにベストを尽くして まいります。
製品案内
リニアモーションガイド
超小型のミニチュアシリーズから最も一般的なボールリニアモーションガイド、低騒音リニアモーションガイド、超高剛性のリニアモーションガイドまで多様な種類のリニアモーションガイドを提供しております。お客様の使用環境により多様な形状とサイズを取り揃えておりますので、それぞれの用途に合う最適なリニアモーションガイドを選択することができます。
クロスローラーベアリング
複合荷重があり、高剛性と回転精度が必要な箇所に主に使用されます。産業用ロボット、工作機械インデックステーブル、ATC、医療機器、精密アライメントステージ、半導体製造装備、DDモータなど多くの装置に使用できます。
ボールスプライン
スプラインはナットと軸で構成されており、ナットには転動体であるボールが組付けられており、スプライン軸の転動面にはゴシックアーチ形状の溝が加工されています。精密に研削された溝にナットが組付けられているボールが軸の転動面に沿って回転直線運動を行う構造です。1個のナットでラジアル荷重とモーメント荷重を受け、軸の円周方向に回転トルクを伝達することができます。また、転動体であるボールを利用して予圧を与えることができるため、振動衝撃荷重に強く高精度の位置決めや高速運動、長寿命が要求されるところで使用するのに適している直線運動システムです。