tatsuta logo
韓国メーカーパビリオン HOME > 韓国メーカーパビリオン > JMC
会社紹介
Small but Strong Company, Choose JMC
1974年に創立されたJMCは、自社のベアリング専門家と共に国内の産業市場に貢献し、その名声をとどろかせてきました。 JMCは、かつて国内で見ることができたもの以上の幅広い範囲のベアリングを製造、供給しながら、今まで輸入に依存して いた品目を解決してベアリング産業の一翼を担ってきました。 また、他の業者では製造、供給できない種類のベアリングを製造し、今後も供給が困難なベアリング部品を当社で生産 するために最善を尽くします。 何よりもJMCジャルマンの強みは優れた品質と共に、リーズナブルで競争力がある価格です。
製品案内
ロッドエンド
ロッドエンドはラジアルおよびスラスト荷重を同時に負荷し、特に回転および揺動運動で優れた性能を発揮する自動調心ベアリングです。 機械設計および機能強化に不可欠な部品であり、重機械、農業機械、織機類、繊維機械、すべての産業機械などで制御機構の回転運動や多角的なリンク 機構に利用されます。
スフェリカルプレーン
スフェリカルプレーンは特にラジアル中荷重を受けるのに適し、一般的にハウジング関連軸調心が不良な所あるいは低速滑りで傾き、回転、揺動運動が起きる所にベアリングを装着するときに使われます。
また、両方向に一定量のスラストを負荷することもできます。
ボールジョイント
JMCで生産、供給するボールジョイントの主な製品はZBLとZBSですが、その他にもJMCは特別注文によってThrust jointsなどの類似製品群を生産します。
スタッド型トラックローラー
低速および中高速で定格荷重および中荷重に適したベアリングで、案内ローラー、ロッカーバルブ ローラー、スライド用カムローラー、圧力ローラーなどローラーの種類によって多様な用途で使われ、 自動機、専用機、カム機構部、各種搬送装置、コンベヤー、マシニングセンターの工具交換装置など数多くの種類の機械にも適しています。
ヨーク型トラックローラー
JMCヨーク型トラックローラーは高荷重を受けるのに適したベアリングで、案内ローラー、ロッカーバルブローラー、偏心ローラー、テーブル支持ローラーなどの用途に応用されます。
また、容易に入手することができ、装着が容易で価格が安いというメリットがあるため、直線運動または回転運動を軸上の運動に切り替えるなど、その他数多くの用途で使われます。